トップ «前の日記(2012.09.07) 最新 次の日記(2013.01.09)» 編集

雅玲の日記

埼玉県さいたま市にて生田流正派の琴教室・三味線教室を営む中川雅玲の日記です。
新しい可能性を目指して常に新しいことにチャレンジしています。そして保守的な面も守りながら^^
日本の伝統芸能を少しでもたくさんの方に伝えていけたら....
そして日常は2人の子育てに奮闘しながらの日記です。
教室については教室のホームページをご覧下さい。
このブログは以下の URL で RSS 1.0 に対応しています。http://garei.sakura.ne.jp/Diary/index.rdf
にほんブログ村 音楽ブログ お琴(お箏)へ
にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ

2012.10.16 進路

_ 進路

窓をあけると金木犀の香りが心地よく香ってきます。毎年のことですが、春、秋のこの季節はお天気が良いととても幸せな気分になります。

先日、三弦のお弟子さんが公演している時代劇をみてきました。小さな劇場で舞台道具もシンプルなものでしたが、背景がなくても劇中でその場のシーンが浮かんでくるような楽しいお芝居でした。何よりも若いキャストの方が真剣に演じていて情熱を感じられいいなぁ、と思いました。

最近ニュースでは若者の将来の先行き不安や格差社会日本の現状報道など暗いニュースが続き、子供達の将来も案じられますが、自分の好きなこと、やりたいことに向かって目標を作り一生懸命生きている若い方たちもたくさんいらっしゃると思います。

芸の世界は特に厳しい現状でそれだけで生活をたてることは不可能に思います。でもバイトを掛け持ちして一生懸命資金を作り、稽古に励む姿はとても素敵です。

家にお稽古にいらしてくださっている方は皆さん、仕事をもちながらも忙しい中時間を作ってお稽古にいらしてくださいます。その気持ちに応えられるよう私も日々努力してかんばっていきたいと思います。

話は変わりますが先日息子の中学校で進路保護者会がありました。先生が、いよいよ義務教育も終わり、これからは自分の意思で進路を選択し、人生を歩んでいく時期となりました、とお話されていました。進学希望の場合は今までとかかる金額がかなり違うので保護者の方と良く相談して進路を決めるように、ともお話されていました。あぁ、親としての最低の義務ははたしたということになるのかな、とちょっと感慨にふけりました。

息子の中学校は公立ですが全員が高校進学希望ということであと3年はがんばって支援をしていかなくては、ですね(笑) 息子には今はやりの「メシをくえる大人」に育ってほしいものです。


トップ «前の日記(2012.09.07) 最新 次の日記(2013.01.09)» 編集
Copyright (C) Garei Nakagawa All Rights Reserved.