トップ 追記

雅玲の日記

埼玉県さいたま市にて生田流正派の琴教室・三味線教室を営む中川雅玲の日記です。
新しい可能性を目指して常に新しいことにチャレンジしています。そして保守的な面も守りながら^^
日本の伝統芸能を少しでもたくさんの方に伝えていけたら....
そして日常は2人の子育てに奮闘しながらの日記です。
教室については教室のホームページをご覧下さい。
このブログは以下の URL で RSS 1.0 に対応しています。http://garei.sakura.ne.jp/Diary/index.rdf
にほんブログ村 音楽ブログ お琴(お箏)へ
にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ

2014.03.30

_ アンサンブル玲によるミニコンサート

3月26日に、アンサンブル玲のメンバーの協力でミニコンサートを開催しました。
最近、玲音会は外国人の生徒さんが増えてきました。私も日々英会話の勉強をさせていただき良い機会となっています。
その中でクロアチア人のピーターさんという方が1ヶ月という短期間で三弦を習得してくださいました。週に3回通ってきてくださるという熱心さにまずびっくり。そしてギターを弾くだけあって習得の早さと音感の良さにもびっくりしました。そしてお稽古後に我が家で夕食を一緒に食べたりととても楽しい一時を過ごしました。
コンサートには外国の生徒さんや学生さんたちがたくさん集まってくださり和気あいあいとした雰囲気で楽しかったです。
また友人の津軽三味線の宍戸さんにも演奏していただき、箏曲・地唄・津軽・ポップスなどバラエティーに富んだプログラムとなり大変好評でした。
我が家の子供たちは外国の方と話す機会がたくさんあり、息子は私より英語がわかるくらいで国際交流がかなり頻繁にできているかな、と思っています。将来日本文化を紹介できるような大人になって欲しいと願っています。
さて次は4/5日(土)開催のお弾き初めです。こちらは内輪での勉強演奏会なのでお客様はお呼びできませんが皆さん楽しみにしているようです。
画像の説明 画像の説明 画像の説明

2014.02.23 卒業

_ 卒業

すっかりブログをご無沙汰してしまいました。

2/1、2には全国邦楽合奏協会主催の合奏コンサートがあり、実行委員としての仕事、そして玲音会会員との合奏やコンサートのために結成した新しいグループ「アンサンブル玲(あき)」での合奏など密度の濃い勉強をいたしました。全国から集まった300人超の演奏者の事務方の仕事はとても大変でした。

玲での演奏活動は今後も続けていく予定でとても楽しみです。素敵な仲間との出会いに感謝!!

さてブログ表題の卒業ですが3月に娘が小学校卒業です。通算10年通った小学校もいよいよ卒業です。中学・高校の3年間はとても早く感じますが小学校はやはり長かったように思います。何の行事も最後になるこの学年は学校に行くたび寂しさを感じます。そして今週は「耀きの会」(最後の参観)、3月には卒業式、息子の時には感じなかった寂しさがあります。少女から思春期に変わっていく娘、成長しました。卒業式は行きたくない気分です。(泣いてしまうと思うので)

オリンピックも終わりに近づき、メディアでも報道されていますがメダルとは関係のない耀きや努力をたくさん見ることが出来ました。トップアスリートと自分を比較することなど到底できませんが普段、たゆまぬ練習と努力をし、そして終わりのない芸事の達成に携わっている者として共感できること、そして自分も頑張ろうと思うことはたくさんあります。

家事をして子育てをして、お弟子さんを育ててという普通と特にかわりのない生活ですが、これからも自分なりに目標と試練を課し歩んでいこうと思っています。

最近は子供にとられる時間がなくなってきたのでほとんど箏・三弦づけになってきてます(笑)。これからが自分のがんばりどころかもしれません。


2013.09.21 いよいよお浚い会

_ いよいよお浚い会

一昨日の中秋の名月はとても綺麗でした。娘のお迎えに出た折にゆっくり眺めながら帰ってきました。四季折々の自然を感じられること、とても幸せに思います。

23日、月曜はいよいよ玲音会のお浚い会です。先週の最後の合奏練習が台風で中止になってしまい急遽明日練習になりました。今、会の準備で多忙をきわめています。23日はお天気も大丈夫そうでなんとか無事に終ってくれるよう祈るばかりです。

会員の演奏は皆さん準備バッチリというわけにはいきませんが、日頃のお稽古の成果がでるよう精一杯演奏したいと思います。どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。


2013.08.08 夏休み

_ 夏休み

残暑お見舞い申し上げます。夏休みも約半分が終わろうとしています。

息子は先週からドイツ留学中です。今は「LINE」という通信手段があるのでホストファミリーの家から毎日様子を送ってくれます。楽しく過ごしているようです。

先週早朝に成田まで送っていきましたが送り出す側になった自分が少し寂しいような気持ちになりました。母として当たり前のことなんでしょうが、これからは送り出し、見守る側なんだなぁ....とひしひしと感じました。子供たちには大きく羽ばたいていってほしいと思います。

でも、リアルタイムで海外と通信が出来ると、便利な反面情緒がないように思うのは私だけでしょうか。

一昔前のように海外に行くとなかなか通信ができず、元気かな、どうしているかな、と思いをはせることもなくなり、むしろ通信手段がないほうが人への思いは強くなるような気がしてなりません。

すっかり化石の人のようなブログですね(笑)。

9月23日に大宮、氷川の森文化館にて玲音会お浚い会を予定しています。今は準備で忙しくしております。近日中にご案内いたしますのでもうしばらくお待ち下さい。

本日のコメント(全2件) [コメントの入力]

_ 梶美喜枝 [9月23日のの氷川様でのお浚い会,お伺いさせていただきたいと思います。 宜しくお願い致します。]

_ 雅玲 [梶さま ありがとうございます。いよいよ明日となりました。先週の台風の時でなくて良かったと胸をなでおろしています。 ..]


2013.06.05 次の百年

_ 次の百年

6/2に無事、正派百周年記念演奏会が終了しました。

開場前から上野文化会館の前には列ができていたようです。開幕の正派頌歌は私も客席で歌うことができました。歌いながら箏とともに歩んできた40数年の自分の人生を振り返り胸が熱くなりました。150名超の茶音頭では歌声の重みとその中にいる自分に感動しました。最後のプログラム舞踊劇「和歌の浦」素晴らしかったです。

そしてこのような演奏会にでられるのも応援してくれる家族がいるからと改めて感謝しております。演奏会や下合わせは週末にあることが多く子供達の行事や学校関係のものは行けないことが多く、いつも申し訳なく思っています。今回も学校の引取り訓練や公開授業などに行けませんでした。

そして息子は夏休み、ドイツに留学することになったのですがその保護者説明会も今週末の演奏会の日に重なってしまい主人にお願いしました。ドイツ留学は校内で内部試験があり、合格できたので良かったです。

家族の用事よりも箏を優先してしまい娘が寂しそうにしている時もありますがそんな娘も私が出かける時は忘れ物チェック係をしてくれるまでに育ちました。

中川家の皆様、そしていつも留守番にきてくれる母に感謝しています。

正派邦楽会も次の百年にむけて新しいスタートをきりました。邦楽の普及と更なる自分の芸の向上を目指してがんばって行きたいと思います。


トップ 追記
Copyright (C) Garei Nakagawa All Rights Reserved.